SNS上での自分は普段の自分は違う

SNS上でもモテる人とモテない人がいるようです。ではネット上でモテる人とはいったいどんな人なのでしょうか?

【ネットモテとは?!】
ネットモテとはネット上でモテることをいいます。今や私達の生活に欠かせない存在になっているSNSですが、このSNS上でモテる人とモテない人がいるようです。最近ではネット上でモテをキーワードにした人が増えてきており、現実社会ではモテない人でもSNSでだけモテるという不思議な現象が起きているようです。実際ネット上でモテると感じたことがある人は3割以上いると言われており、リアルな現実ではモテなくてもSNSであれば本音をさらけ出して相手に認めてもらえるという現象が起こっているようです。

【リアルの自分とネットの自分は違う?!】
SNSでモテる人の多くはリアルの自分とネットの自分とで差があると言われています。リアルな自分は物静かなタイプであっても、ネットの中の自分は何でも発言するような積極的なタイプに変身するという人は多いでしょ。人が共感し盛り上がれる場所には友達以上の感情を抱いてしまう人も多いようです。またネットであっても実際に会うわけではありませんが、人からよく思われたり、良く見られたりしたいと思う人は多いようです。人間心理として当然のことであり、SNS上ではつい強がってしまったり、嘘をついてしまったりすることもあるでしょう。また投稿するために無理してネタを作ったり、それのために写真をとったりすることもあるかもしれません。程度に差はあるものの、他人が自分のことをどう見ているのか?どう思われているのかについては関心があるようです。そのためネットの中では理想的な自分を演じている人が多く、ネット上では人格を変えることも多いです。またそうすることでリアルな世界でもこんな人間になりたい、こんな風になりたいと思って自分磨きをする人もいるでしょう。理想化した自分がSNSに出てくることはよくあります。