我が家で収穫したトマトは最高

企業でも家庭でも

最近、企業が続々と水耕栽培による植物工場事業に参入しているようです。

 

ニュースでもときどき取り上げられていますね。なぜこの水耕栽培の分野がこのように人気が高まっているのでしょうか?それは、この栽培方法が天候や気象条件にほとんど左右されないからです。LEDによる人工照明により、建物内で栽培しますので、台風や猛暑、冷夏といった気象条件の影響は受けません。また、水耕栽培ですから土を使わずに栽培されます。水と液肥を効率よく植物に与える管理システムによって栽培されるため、害虫による被害の恐れもありません。害虫がいないということは殺虫剤も必要ないということです。

こうした安全性も人気の理由になっています。実はこの水耕栽培、家庭でも行うことができるんです。皆さんご存知でしたか?家で栽培する際も土を使わなくて良いことが人気につながっています。実際この夏も、トマトやきゅうりなどの野菜を収穫している人たちがたくさんいます。”水耕栽培、ブログ”で検索するとたくさん出てきますよ。

味も良いのが水耕栽培

最近、ニュースでも自宅で簡単にできるとして水耕栽培が取り上げられるようになってきました。手作りした水耕栽培器で楽しむ方法なども取り上げられています。何故、最近になってこの栽培方法が人気を得るようになってきたのでしょうか?この方法の特徴としてはやはり土を使わずに水に液肥を溶かし、培養液のみで育てるというところにあります。

土を使わないため害虫や菌が付きにくいので安全で衛生的に栽培することができるのが人気のようです。作物に的確に養分を与えることができるため、土で栽培する場合に比べて30~50%も生育が早いのも特徴です。水耕栽培で生育した野菜の味そのものはどうなのでしょうか?優しい味で香りはソフトです。葉も通常の野菜より柔らかいと感じる人が多いようです。ですから、サラダやサンドイッチにはさむなど生で食べるのにとても適していると言えるでしょう。食べるときも土がついていないのでさっと洗ってすぐに食べられるのも魅力ですね。