植物工場で水耕栽培

最近、宮城県で全面LED植物工場が建設されているというニュースが流れていました。

世界最大規模の工場で1日に1万株のレタスが収穫できるようです。行われている栽培方法は水耕栽培。皆さんもこの栽培法を聞かれたことありますか?この工場では太陽光の代わりにLEDを使った人工光で水耕栽培が行われているとのことです。栽培用の人工光を調節することで昼と夜のサイクルを作り出して、栽培しているのだそうです。でも、そもそも野菜って大地で育てるものでしょ?と思われる方も多いかもしれません。このような植物工場で野菜を栽培することにどんなメリットがあるのでしょうか?一つのメリットは安定性です。季節や天候を選ばない環境で栽培されるため、安定した収穫を見込め、通常の露地栽培に比べて生産物の廃棄率が低いということです。この水耕栽培、最近では家庭でも行えるよう水耕栽培キットなるものが売られています。興味を持たれた方はぜひ、チャレンジしてみませんか。